MP3/WAVファイルのピッチを変更 Online Tone Generator – Pitch Shifter

Online Tone Generator Pitch Shifter
http://onlinetonegenerator.com/pitch-shifter.html

Online Tone Generator の Pitch Shifter は、テンポに影響を与えずに音声ファイル(MP3, WAV)ピッチ変更することができる、無料のオンラインアプリです。

ピッチを変更した音源をMP3形式でダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク

目次

  1. ピッチ変更手順
    1. 音声ファイルの選択
    2. ピッチの変更
    3. ピッチを変更した音声ファイルをダウンロード
  2. Online Tone Generator が提供するその他のツール
  3. Pitch Shifter を使ってみて

1. ピッチ変更手順

1-1. 音声ファイルの選択

「ファイルを選択」ボタンをクリックし、ピッチを変更したいMP3ファイルまたはWAVファイルを選択します。

MP3/WAVファイルの選択

音声ファイルのアップロードが完了すると、アップロードしたファイルのファイル名が表示されます。

「play」ボタンをクリックするとアップロードした音声ファイルを再生することができます。

MP3/WAVファイルの再生

1-2. ピッチの変更

音声ファイルのアップロードが完了したら「Pitch Shift」欄のスライダーを動かすことでピッチを変更することができます。

スライダーを右に動かせばピッチが上がり、左に動かせばピッチは下がります。

ピッチの変更:スライダー

「Shifted by」右側で数値を入力してピッチを変更することも可能です。この入力欄の単位は半音(semitone)。例えば「1」を入力すれば半音、「2」を入力すれば 半音x2 = 1音 ピッチが上がります。ピッチを下げるには「-(マイナス)」の値を入力してください。

ピッチの変更:数値入力

テンポの維持

「Maintain Tempo」のチェックが入っている状態の場合、ピッチを変更してもテンポに影響はありません。

「Maintain Tempo」のチェックをはずすと、ピッチ変更とともにテンポも変わります。

テンポの維持

1-3. ピッチを変更した音声ファイルをダウンロード

ピッチを変更した音声ファイルはMP3形式でダウンロードすることができます。

「Save output to downloadable file?」にチェックを入れてください。「Maintain Tempo」の下に「Recordings」と「Status Log」という文字が表示されます。

MP3ファイルのダウンロード準備

この状態で「play」ボタンをクリックしてください。再生された部分が録音されMP3ファイルとなります。「Status Log」欄に「Recording, please wait… 」と表示されるので、再生(録音)が完了するまで待ちましょう。

※再生を途中で停止した場合は、再生した部分のみがMP3ファイルとなります。

MP3ファイル録音中

音声ファイルが最後まで再生されるか、再生を途中で停止すると録音完了です。「Recordings」欄に再生コントロールが表示されピッチ変更後のファイルを聴くことができます。再生コントロール右側のファイル名(青字)をクリックするとMP3ファイルをダウンロードすることができます。

MP3ファイルのダウンロード

2. Online Tone Generator が提供するその他のツール

Online Tone Generator では「Pitch Shifter」以外にも多数のツールを提供しています。ご希望のツールがあればぜひ試してみてください。


ピッチを変えずにMP3のテンポを変更

Time Stretcher

ピッチに影響を与えずに音声ファイル(MP3, WAV)テンポ変更することができます。

詳しく見る

3. Pitch Shifter を使ってみて

キーを変更した音源が欲しい場合など、簡単にMP3ファイルとして保存できるので便利です。

再生した部分のみがMP3ファイルとなるので、1曲まるまるMP3ファイルにしたい場合などは時間がかかる点が面倒。私の環境では動作が不安定なことも少なくなかったので、他にピッチを変更できるソフト等がある場合はあえて Pitch Shifter を使わなくてもよいかと思います。

スポンサーリンク