バンドメンバーでLINE@アカウントを管理してライブ/リリース情報を発信 LINE@

line@
出典:http://at.line.me/jp/

LINE@を使用すれば、超人気コミュニケーションアプリLINEを利用して、複数のファンに一斉に情報を発信することができます。

「複数のメンバーでバンド用のアカウントを管理する」などの運用も可能です。

目次
  1. LINE@とは?
  2. LINE と LINE@ の違い
  3. LINE@アカウントの作成
  4. バンドメンバーでアカウントを共有
  5. 情報の発信
  6. 友達を増やす
スポンサーリンク

LINE@とは?

スマートフォンユーザーの約90%が使用していると言われるコミュニケーションアプリ「LINE」。

芸能人の不倫騒動でも話題になりましたし今さら説明する必要もないかと思いますが、この「LINE」を提供しているLINE株式会社が提供するもうひとつのコミュニケーションアプリが「LINE@」です。

LINE@の公式サイト(http://at.line.me/jp/)には、LINE@について以下のように記載されています。

親しい間柄でのコミュニケーションに特化したLINEとは別に、
情報発信やビジネスにご活用いただけるのがLINE@アカウントです。
あなたのLINE@とお客さまやファンが「友だち」になり、ぐっと距離が縮まります。

LINE と LINE@ の違い

LINE と LINE@ の違いをざっくりと説明するとすれば…

LINE は、1対1での連絡のためのアプリですが
LINE@ は、多数の人に一斉にメッセージを送信できるアプリです。

ライブ情報やリリース情報をファンに送りたい場合、LINE@ を使用すれば、メルマガのように一斉に情報を送信することが可能です。

情報を受け取る側は LINE のアプリでメッセージを受け取ることができるので、メールやWebサイトなどで情報発信するよりもより高い確率で情報を届けることができます。

LINE@アカウントの作成

LINE@ のアカウントを作成するには、スマホで LINE@ のアプリをダウンロードし、画面の指示に従って操作をすすめてください。

具体的なアカウント作成手順については他のサイトで解説されてますので、検索してみてください。

バンドメンバーでアカウントを共有

LINE@では、複数人で1つのアカウントを管理することができます。

LINE@アカウントの作成後、「メンバー・アカウント管理」→「メンバーの管理」→「メンバーの追加」で、管理者を追加することができます。

「メンバーの追加」は以下のいずれかの方法で行うことができます。

  • LINEで招待メッセージを送る
  • 追加用のQRコードを表示する
  • LINE@アカウントの友だちから追加する

情報の発信

情報の発信は LINE@の「メッセージ」→「+新規メッセージ作成」から行うことができます。

「メッセージを編集」をクリックし、メッセージを入力したら、送信時間の設定を行い「送信」をクリックしてください。

友達を増やす

LINE@ でライブ情報などを発信しましょう!と言っても、相手がいなければ情報を送ることはできません。

LINE@ の「設定」→「プロフィール」→「友だちに教える」で、友だち追加用のQRコードURLを確認することができます。

また、Webサイトに貼り付けることができる「友だち追加」ボタンもありますので、Webサイトや、Facebook/TwitterなどのSNS、名刺やフライヤーなど、あらゆる場所で LINE@アカウントを宣伝してください。

スポンサーリンク