色の数値をGoogle検索で調べる Google検索 カラーピッカー

Google検索でカラーピッカー
出典:https://www.google.co.jp/

Google検索にはいろいろな「しかけ(機能)」が搭載されており、日々更新されています。

2016年10月、Google検索にカラーピッカーが表示されるようになりました。

Webサイトの制作時等、自分のほしい「色」を正確に相手に伝えるため「#ff9900」や「rgb(255, 153, 0)」などの数値で「色」を現す場合があります。

「いや、その”黄色”じゃなくて、もうちょっと赤みの強い”黄色”にしてよ」なんて言われてもどの黄色かよくわかりませんが、「#ffd800の黄色にしてね」と言われれば一発でどんな黄色か伝わります。

これまでは「この色の数値って何だっけ?」っていう時、わざわざPhotoshopなどのグラフィックソフトを開いて調べてましたが、今後はGoogle検索上で簡単にわかるようになりました。

スポンサーリンク
目次
  1. Google検索上でカラーピッカーを表示する
  2. 色を選択する
  3. HSV、HSL、CMYKの値も取得可能
  4. Google検索 カラーピッカーを使ってみて

Google検索上でカラーピッカーを表示する

文章で読んでもよくわかんないと思いますので、まずはGoogle検索上で「カラーピッカー」を検索してみてください。以下のような画面が表示されます。

色見本」という単語や、「#4286f4」「rgb(66, 134, 244)」などの色を表す数値で検索してもカラーピッカーが表示されます。

好きな色の数値がすぐわかりますね。

Google検索でカラーピッカー

色を選択する

「カラーピッカー」が表示されたら、グラデーション部分やその下のスライダーを適当にいじってみてください。選択された「色」とその数値が画面左側(以下の図のオレンジの線で囲まれた部分)に表示されます。

カラーピッカーで色を選ぶ

HSV、HSL、CMYKの値も取得可能

「#ff9900」や「rgb(255, 153, 0)」などは、RGB表色系というルールにそって色を数値化したものですが、色の現し方はRGB表色系以外にもあります。

カラーピッカー下部の「Show Color Values」をクリックすると、HSV、HSL、CMYK形式での数値も見ることができます。

HSV、HSL、CMYKの値を表示

「Show Color Values」をクリックすると以下のような画面になります。

HSV、HSL、CMYKの値

Google検索 カラーピッカーを使ってみて

「#ff9900」などの16進数のカラーコードは個人的にはよく使いますし、Webまわりの作業される方であれば何かと目にするかと思います。Photoshopなどを立ち上げずにブラウザでさくっと調べることができるのは大変楽です。

ミュージシャンのみなさんも、自分のWebサイトやフライヤーを作ってもらう際、自分の好みの色を製作者に伝える場合等におぼえておくと便利だと思います。

スポンサーリンク